安定した返済をする

電卓

将来設計が立てやすい

マイホームを購入した時は多くの人々が住宅ローンでお金を借り入れて夢のマイホームを購入することになります。その時にどんな住宅ローンを組むか、これが将来的にも大きな影響を与えてくるでしょう。色々な金融機関で住宅ローン商品がありますが、ずっと安定した形で返済を行っていきたい場合は、フラット35がおすすめです。フラット35は金融機関によって金利には多少の違いがありますので、フラット35でお金を借りていこうとするなら、金利をしっかり確認してから契約先を決めましょう。一般的にフラット35の金利の推移は2つのパターンに分かれてきます。金利推移の分岐点になってくるのが、住宅ローンを20年以内で返済するか、それとも21年以上かけて返済していくかです。当然、借入期間が短く設定されている方が金利は低い設定になっていますし、その反対に長い返済期間になっていれば、金利は高くなっていきます。ですから、持っているお金に余裕があれば、できるだけ多くの頭金を用意して、借入額を少なく設定して、返済も20年以内で設定しましょう。こうすることで、金利推移も安い設定になるので、無駄な金利部分の返済を行う必要がなくなります。長期間に渡ってお金を返していくことになるので、金利推移は非常に大切です。そして、変動金利型等でお金を借りた場合は、変動のタイミングで月々の返済額も変わっていきますので将来設計が立てにくいです。フラット35の方がいつも同じ返済額になるため、将来設計が立てやすくなるでしょう。